暮らし

●集まってお喋りできるコミュニティスペースを創ります。

空き家や空き店舗を活用し、幅広い世代が交流して、悩みを相談したり買い物途中に休憩したりできる場所を創ります。

●気軽に買い物や通院ができるよう、移動の不便さを解消します。

コミュニティバス、デマンドバス、ライドシェア(相乗り)、高齢者向けタクシーなど地域の状況に応じた移動手段を創ります。

移動式のスーパーマーケットで、自宅近くで買い物ができるようにします。

バスの運行形態や鉄道との接続を見直します。

●助け合いと「ありがとう」があふれる地域づくりを進めます。

高齢者や障がいのある方、ひとり親世帯など、助けを必要する方をサポートします。

余力がある人が困っている人を助ける仕組みを構築します。

ボランティアだけでなく、「助っ人バンク」や「おせっかいポイント」など助け合いが生まれやすい仕組みを創ります。

●市役所が市民に寄り添い、暮らしを支えます。

気軽に相談できる、優しく頼りがいのある職員を増やし、市民の満足度を高めます。

笑顔と挨拶があふれ、気持ちよく訪れることができる市役所にします。

自信とやりがいをもって市民にしっかり向き合う職員を育てます。

民間との人事交流を拡大します。

●市民目線の使いやすい行政サービスを提供します。

オンラインと対面を組み合わせて、スマホが使えなくても困らないように、使い勝手の「ちょうどよい」サービスを提供します。

買い物ついでにサービスを受けられる窓口・端末を設置します。

アンケートや窓口での聞き取りで満足度を把握して、サービスの向上を図ります。